サンタモニカにあった公会堂の思い出

今では良い思い出です

速記に浸る私

ずっと速記を書いておりました。

感じた事は、前も書いたのかもしれませんが、日本語ならかな文字に値する50音を、線に当てはめるだけなので、難しく考えず、こういう書き方という覚えるだけですよね。

それで、これの凄い所は、外国語の言葉が聞き取れれば、外国語の意味を理解していなくても、書き残せるという事になります。

結構凄いと思います。

割と、世界中に、速記はあり、歴史は古いようですね。

アメリカのグレッグ式というものがあり、これは当然英語の速記なのですが、好きだからやっている事を忘れてはいけないという作者の格言があったのだそうで、ふーんと思いつつも、確かに速記は面白いという風に思ったのでした。

 

ただ、聞き取れないといけないですから、普段私たちが日本語を普通に使っているように、聞き取る能力がないといけないと思います。

それは音声としてですね。

勿論、全く分かってなかったらいけないと思いますが。

 

面白いですね速記は。

今の立ちっぱなしの仕事はむくみがひどいので、このスキルを活かしてデスクワークに転職できたらいいなと思ってます。

まぁ今の仕事が嫌なのはなにも立ちっぱなしだけが原因ではないのですが・・・

TOPへ>>